企業の社会的責任

環境を守る役割

工事

世界レベルで環境保護の意識と技術が高いとされる日本においても、不法投棄と環境汚染の問題は全国各地で頻発しています。
ルール違反に対しては厳しく処罰されますが、罰則がどうこうの問題ではなく、産業廃棄物を排出する業者としての責任を果たすべきでしょう。
埼玉では県から許可を受けた業者が処理を実施し、定められたルールに従うことで環境保護に大きく貢献しています。
つまり、産業廃棄物の取り扱いは、排出業者と処理業者の連携が必須であり、最終的な処分が実施されるまで連帯責任ということです。
埼玉で産業廃棄物の処理を検討する場合、まずは依頼先の事業内容と実績の確認が必要となります。
料金の安さのみをアピールする許可業者は存在せず、軽トラやリヤカーなどで営業することもありません。
万が一、依頼先が不法投棄を行った場合、処罰の対象は排出業者にまで及ぶ可能性があり、行政処分は社名が公表されると理解しましょう。
これは、限られた地域のみのルールではなく、埼玉でも県の専用ページで確認可能です。
このほか、産業廃棄物を委託で運搬する場合、請け負った業者は自治体の許可を得ていなければなりません。
中間処理業者へ自社運搬で持ち込むことは可能ですが、依頼時は業者を適当に選べないということです。
不法投棄と同様に自社にも責任がありますが、埼玉では運搬と処分の許可を同時取得している業者が存在しています。
産業廃棄物処分に関する作業の一元化が実現しますので、埼玉では依頼先選びが手間とコスト削減のポイントです。

情報収集が大事

工事現場

埼玉で産業廃棄物を専門的に回収してくれる業者を見つけるためには、情報収集が重要です。
まず、インターネットで検索してみましょう。
中には悪質業者もあるので、十分に情報の信憑性に気をつけることが大切です。
よく分からなかったり、聞いたことがなかったりする業者はひとまず保留にしておいた方がいいかもしれません。
また、口コミ情報も参考にしましょう。
埼玉で評判になっている産業廃棄物業者はネット掲示板や口コミサイトなどでも話題にのぼることがあります。
いろいろな掲示板を検索してみるのもお勧めです。
もちろん、ネット上の情報は信頼できないという人も居ます。
そんな時には、身近な人たちからも情報を収集しましょう。
いろいろな人に声を掛けてみることで、これまでは収集できなかった情報も収集できることがあります。
特に、埼玉出身者や埼玉在住者などには声を掛けてみることをお勧めします。
そして、産業廃棄物の回収といっても、通常、費用がかかるものです。
あまりにも回収料金が高い業者は胡散臭く感じられるはずです。
相場を知るためにも、見積もりを取っていろいろな業者を比較してみましょう。
無理に急いで決断することはありません。
じっくりと比較する時間を取ることをお勧めします。
また、埼玉なら埼玉の自治体サイトなどから産業廃棄物業者を調べてみるという方法もあります。
市役所などにも相談してみるとよいアドバイスがもらえるでしょう。
市役所経由で提案してくれる業者なら安心です。

地域にある業者を活用

工事

工場や建設現場などから出た燃えないゴミに関しては、産業廃棄物として適切な処理をする必要があります。
関東地方にある埼玉県では、産業廃棄物を定義するとともに、それを処理する業者についても知事が許可することでサービス品質を保っています。
形としては横に長い埼玉県は、複数の地域に分けることで廃棄物に関する指導を管轄しています。
環境管理事務所がそれを担当していて、他にも市の産業廃棄物指導課が同様の役割を担っている場合もあります。
住んでいる地域によって担当部署が異なるため、調べた上で適切な事務所を訪れるようにしてください。
処理をしてくれる業者については、埼玉の場合は県内にあるものと東京や神奈川といった近隣地域にあるものが存在します。
工場のように産業廃棄物の処理を長いスパンで任せたい場合には、県内にある業者に依頼したほうが良いでしょう。
顔が見えるだけに様々な相談がしやすく、何かあったときでもすぐに対応してもらえるのは大きな利点です。
例として埼玉県内にある産業廃棄物の処理センターを見てみると、こちらから持ち込む場合と回収に来てもらう場合とを想定しているようです。
持ち込みでは車に載せてセンターを訪れ、その場で廃棄物の量を測定するといった仕組みです。
センターの作業員の方が荷降ろしなどを行ってくれるため、手を汚すこともなく快適に利用できるのが特徴です。
回収に来てもらう時は、事前にセンターへ依頼して運搬車を回してもらいます。
産業廃棄物の量が多い時や運搬に適した車両がない時に便利な方法です。