正しい処理方法を理解する

しっかりと選別する

男の人と女の人

家を壊した後の瓦礫や産業廃棄物などを廃棄する時、必ず専門業者に依頼する事が重要です。
自分で瓦礫選別を行う事は、とても困難な上に運搬自体も重労働です。
しかし専門業者であれば、専用の重機やトラックで運搬処理を行うことが出来ます。
そもそも専門業者は、瓦礫や産業廃棄物を処理する為の許可証を取得しております。
許可証は、各自治体から発行される仕組みとなっております。
この許可証が無いと、瓦礫選別や処理作業を行うことが出来ません。
また瓦礫選別を行うには、ベルトコンベアーで作られた専用ラインが必要となります。
これはかなり大きな装置となりますので、ある程度の管理スペースが必要となります。
大まかな瓦礫選別の流れとしまして、まず最初に大きさ別に瓦礫選別を行います。
その後、細かい瓦礫や金属性の屑を順番に選別していきます。
金属屑は、専用の磁石を使って取り除くケースが多いです。
その後、さらに瓦礫選別を行っていき、処分出来るまで分類していきます。
その結果、金属屑、ガラスやプラスチック製の屑、木や紙屑、瓦礫などに綺麗に選別されて、指定された廃棄を行っていきます。
廃棄の方法は、専用の場所へ埋め立て処理する場合が一般的です。
もちろん、再生可能な瓦礫や廃棄物もありますので、その場合は専用の装置を使って再生処理が行われる場合もあります。
廃棄処理や再生処理は最終工程となりますので、その前の瓦礫選別は中間処理とも呼ばれております。

業者を見つけよう

メンズ

産廃処理は専門業者に依頼することになります。
その中でも、瓦礫選別は必須です。
最近は機械を使って自動的に瓦礫選別をする業者が多くなっており、昔よりもだいぶ楽になってきています。
もちろん、性能も上がってきています。
そんな瓦礫選別を業者に依頼する際、注意すべき点は評判を調べることです。
丁寧な対応をしてくれるだけではなく、仕事が正確で迅速な業者を選びましょう。
同業者からの口コミも参考にすれば、より良い業者を見つけられるはずです。
また、瓦礫選別を業者に依頼するとなると、当然、費用がかかります。
各業者のホームページから料金体系を見てみましょう。
もっと正確な料金を知りたい場合には、見積もりを取るしかありません。
いくつかの業者から見積もりを取って比較します。
また、企業によっては自社で瓦礫選別の機械を導入して自社で行うということもあります。
もちろん、機械導入の費用はかかりますが、長い目で見ると業者に頼むよりも安上がりになることがあります。
この点も考慮した上でお得な方法を選択しましょう。
通常、業者に頼むと、その量によって費用が異なります。
量が多ければ多いほど費用がかかるので、この点はあらかじめ覚悟しておくべきです。
一方、自社で瓦礫選別を行うために機械を導入するのなら、購入ではなくレンタルを利用してみるのもお勧めです。
レンタルなら費用が安く、その時だけ借りればいいからです。
重機などを借りるので、数万円かかることもありますが、お得だと評判になっています。

瓦礫の処分の仕方

男性と女性

建物を解体する際には、大量の廃棄物が発生します。
これら建物解体によって発生したものは瓦礫と呼ばれ、瓦礫は適切に処分するために瓦礫選別を行う必要があります。
瓦礫にはさまざまな素材が使われており、それらをまとめて処分するのは環境によくありませんし、またまだ使える資源を無駄にしてしまいます。
このため環境を維持したり資源の再利用のためにも瓦礫選別は重要な作業といえます。
瓦礫選別は小規模であれば手作業で行われますが、ある程度の規模になると重機を使って行われます。
建設会社や工務店などの場合には自社で瓦礫選別を行うところもありますが、多くは専業の業者が行うのが一般的です。
作業としては大まかな瓦礫は手作業で選別しますが、残土などはふるいに掛けて大きさを分別して処分します。
また細かく大きさを分類したものは中間処理場で分別して再利用可能な資源が取り出されます。
そもそも瓦礫選別では再利用可能な資源を取り出すことが目的でもあり、プラスチックやガラス、金属類がその対象になります。
この際にもっとも価値があるのが金属類です。
現代の建物では必ず金属が使われていますし、もともと鉄骨造であれば建物そのものが金属と言えるため瓦礫選別に掛かる費用も金属の売却によって、ある程度相殺することができます。
この際に効率よく金属を取り出すことができるのが、マグネット重機です。
これは強力な磁石の力を使って効率よく瓦礫の中から金属だけを取り出すことができます。