正しく廃棄する方法

リサイクルで活用

男性

古くなった建物の取り壊しなどで発生した瓦礫は、産業廃棄物として処理される事になります。
しかし、解体現場などでは常に多くの瓦礫が発生するので、次の作業を行うためにも瓦礫の処理が必要です。
建物には鉄筋やコンクリートなどが混ざっていることが多いです。
そのため、発生した瓦礫が産業廃棄物として、処理できない事もあります。
そんな産業廃棄物として処理できるものと出来ないものに分ける作業が瓦礫選別です。
建設現場などは瓦礫が発生しやすく、瓦礫選別が必要になります。
瓦礫選別の作業を人の手で行う事も可能ですが、瓦礫の一つ一つを選別し種類を見分ける作業は時間がかかるので瓦礫選別用の機械を導入した方が効率的です。
瓦礫選別を行える機械を現場で購入するとその機会の費用だけで予算がかかってしまいます。
そのため、選別に必要な機械を業者からレンタルして作業を進める現場も多くあります。
予算に余裕があり、瓦礫選別の作業を頻繁に行うという会社の場合は機械を購入します。
一度、瓦礫選別の機械を購入すれば、次の現場での作業がスムーズに行えるので便利です。
また、瓦礫選別を行う専門の業者もあります。
そのため、選別作業は専門の業者に任せて他の解体作業と分担する事で、解体作業が早く進みます。
災害などで崩れた建物や道路などでも瓦礫が発生するので、瓦礫選別を行う必要があります。
災害時の道路などでは早めに作業を行う事が重要となります。
なので、早く廃棄物の選別を行うためにも、瓦礫選別の専用の機械が必要です。
また、選別された瓦礫はリサイクルされ活用されます。
リサイクルの瓦礫は環境に優しく、安いので人気です。

コストと精度の兼ね合い

作業員

建設現場や解体現場からは、コンクリートくず・金属くず・木くずなどが一緒になった膨大な量の瓦礫が排出されます。
これらを種類や大きさごとに分別すれば、資源として再利用することが可能になります。
瓦礫選別を行っている産廃処分業者は数多くありますが、依頼する際にはいくつかのポイントに気をつけましょう。
まず正規の免許を持っている業者を選ぶことが第一条件と言えます。
いくらコストが安くても、違法な業者に依頼すると廃棄物の適正な処分が行われず、依頼した側もペナルティを受けることがあります。
企業のコンプライアンスを確保するためにも、産廃業者の免許の確認は重要です。
次に瓦礫選別のコストと精度に注目する必要があります。
リサイクルのためとはいえ、コストがかかりすぎては経営の負担になりかねません。
業者の使っている方法ごとに、どの程度まで細かく瓦礫選別できるかは異なります。
大規模で高性能な機器を用いれば、大量で複雑な瓦礫も素早く処理できますが、コストも高くなりがちです。
瓦礫の種類と量によって、適切な瓦礫選別のシステムを選ぶ必要があります。
個別に見積を取って、比較してみるとよいでしょう。
瓦礫の量がそれほど多くなければ、機器をレンタルして自社で瓦礫選別を行うこともできます。
ただし臨時に大量に発生する瓦礫は、専門業者に処理を依頼したほうがコストを下げられるでしょう。
ひとつの方法にこだわらず、臨機応変に対応するのがポイントです。

ふるいや風力や磁力

作業員

住宅の解体工事で出てくるたくさんの瓦礫類は、複数の機器を使って段階的に選別されます。
具体的には、まずはふるい機で、一定以上の大きさのものと小さいものとに分けられます。
ふるい機の内部には金属の網が張られているため、瓦礫を入れた状態で全体に振動を与えると、小さなもののみが網の目を抜けて落ちるのです。
これにより、解体時に崩すことのできなかった大きな鉄筋などが、網の上に残ることで、瓦礫から除去されるわけです。
次に、風力を使った瓦礫選別が行われます。
選別機の中に瓦礫を入れて、強い風を浴びせると、比較的軽いプラスチック片や木屑などは簡単に吹き飛び、重いコンクリートやタイルなどは残ります。
これを利用して、瓦礫を重量で細かく分けていくのです。
もちろん密閉された空間で行われるので、アスベストなどの有害物質が風で周辺に飛散する心配はありません。
その後さらに、磁力を使った瓦礫選別をすることになります。
具体的には、強力な磁力を帯びた電磁石ベルトを瓦礫付近で動かすのです。
すると、磁力に反応した金属片などがベルトに引き寄せられ、磁力に反応しないプラスチック片などは残ります。
このように瓦礫選別は、様々な方法で行われているのです。
細かく正確に瓦礫選別をすることで、瓦礫を効率良くリサイクルまたは埋め立て処分できるようになります。
そのため瓦礫選別は、人々の生活を支えるため、そして地球環境を守るために、大事なサービスとされています。